2012年07月07日

円と暮らしてて思うコト。

こんばんは。
タエマルです。

円の事でご心配お掛けしています。
このブログは円の『晩年の記録』として円が13歳の時に始めました。自分の愚痴や仕事のことなんかも織り交ぜながら。(織り交ぜ過ぎ??)

円は色んな病気を抱えながらも乗り越えて今まできました。

で、今回は2度目の『肥満細胞腫』。。。
もう、切除という選択肢はありません。

この病気が分かり。
15年連れ添ってきたワタシは正直、悲しいんですが、悲しくないような気もしています。

P1000068.jpg

だってね。
見て下さい。このお顔。屈託ない、天使ですよ。ホントに。

ワタシが感じてる『円に迫りくる死への恐怖感』や『いつかはいなくなるだろう円への喪失感』の予感など、微塵も感じてない気がしませんか?

「だって、犬だもん!」

と、言われればそうです。
犬、ですもん。
されど『存在感のある犬』なんです。
ワタシにとってね。

その大切な円から「ワタシ、病気?ふ〜ん。」みたいな顔をされると「病気ってなんだろう?」って思うワケです。
その人その人の「気の持ちよう」と言いますか。。。

円はきっと、ワタシが悲しむ事は望んでいません。
ワタシの匂いを感じ、存在を感じながら暮らし、いつかは来るであろう天使への道。その道を素直に歩んで行くんだろうな。。。と思うのです。

だから。
お薬は増えるだろうけど。
円が円らしく、天使になれる手助けをしていこう、そう思うのです。

皆さんも、温かい目で円を見守ってあげて下さい。
お婆ちゃんになっても食いしん坊の円と共に、まだまだ頑張ります!

ニックネーム タエマル at 23:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする