2012年08月05日

円が教えてくれたコト。

P1000048.jpg

この記事で、『パグ犬・円(まる)のいちにち』は終えよう、そう思っています。

皆さんがどう感じられるか分かりませんが。
今日、ふがれす九州さんがレスキューしてくれた保護PUGちゃんを我が家で受け入れます。

円が天使になってまだ20日しか経ってないのにです。

円は我が家にとって、その名の通り、『円く円く』『円の存在があることで円満になりますように』『円の存在が色んなコトの潤滑油(円滑)になりますように』との想いを込めて名付け、その想いの通りヒマワリの様な、太陽の様な愛嬌のある可愛い可愛い子でした。

「PUGと暮らすってこんなに楽しいんだ」
「PUGってなんて可愛いんだ」

そう感じながら生きてきた15年間でした。
とっても幸せな15年間でした。

その生活が。
円が天使になったことで…パタっと…断絶されてしまったのです。

ワタシ達母娘は泣いて泣いて泣いて。。。
円の事だけを考え、想い、暮らしていました。

でも。
泣きながら。
フッと想い出すんです。
円との楽しかった暮らしを。
幸せだった円との生活を。

「円との楽しかった想い出を、このまま想い出としていいんだろうか?円は何かをワタシ達に教えたいんじゃないんだろうか?ただの辛さや悲しみだけを残して逝ったんじゃないんじゃないか?」
そう、感じたんです。

まだ悲しみの癒えぬ母へ「円と暮らした15年間の生活の楽しさ」を語り合いました。
そして、「円が同じ仲間の不幸なワンちゃんを幸せにしてあげてって言ってる気がする。ワタシ達なら円と幸せに暮らしてきたように、不幸にも見捨てられたワンちゃん達にその幸せを伝えてやれるんじゃないだろうか?」そう伝えました。

母は泣きながらも「うん。そうだね。」と賛同してくれました。

愛犬が天使になって、すぐに次のワンコを迎え入れる人を正直私自身、軽蔑した事もあります。
「何で、すぐそんな行動がとれるのっ?!愛犬がまだ亡くなったばかりなのにっ!!」って。

でも、実際愛する円を神様の下へお返しして分かったんです。
小さな小さな存在でも、大きな存在で。
色んなコトを学ばせてもらって。
そんな可愛い愛犬に恩返しするには、不幸なワンコを幸せにしてあげることもひとつの恩返しなんじゃないか…って。
天使になった愛犬を忘れるんじゃない、円がいてくれたからこそ、次のワンコを迎えて幸せに暮らしたいって思うんだ。。。と。
この感じ方には個人差も勿論あるでしょう。
ただ。
ワタシ達家族はそうとらえました。

淋しさの埋め合わせかもしれません。
そう、思われるかもしれません。
そう感じる方はそれでいいんです。

でも。
円は円なんですよね。
決して他のワンコでは円の代わりにはなれない。
『新しく迎え入れるココロ傷ついた子に幸せな犬生を送らせてあげる。』

ワタシ達母娘はそう決心して今日を迎える。
円から教えてもらったコトを胸に抱いて。


いつまでも。
いつまでも。
愛してるよ、円。


ねぇねより。




ニックネーム タエマル at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする